水質浄化システム

水質浄化システムとフローと説明

※水質、水量によりシステムの大きさ、組み合わせが異なります

1、 1次処理層

ph調整、薬液注入等の前に、2次処理システムにかかる負担を軽減するために、前処理として特殊濾材により物理的濾過、生物処理を行います。

□物理的濾過

原水中に浮遊する懸濁物質(砂、ゴミ等)の除去
有機物等除去

□生物処理

原水中の鉄分マンガン低減
アンモニウム性窒素硝酸性窒素リン低減
フェノール合成洗剤等有機化合物質低減
臭気低減
大腸菌一般細菌低減

2、 サンドセパレーターカラム

砂上がりの多い井戸では、この装置により配管の損傷や詰まりを防止します。

3、 ph調整装置

原水中の水素イオン濃度(ph)を後の薬液注入処理に適した濃度に調整します。

□ph値をあげる

マンガン、鉄分(炭化水素第I鉄を除く)の酸化処理の場合、酸化反応を促進させるためph値を9以上に調整します。

□ph値をさげる

鉄分(地下水中には炭化水素第T鉄の形で多く含まれる)の酸化処理の場合、酸化反応を促進促進させるためph値を7、4以下に調整する。また、塩素の酸化殺菌効果をあげるためにもph値を調整します。

4、 殺菌及び酸化装置

一般的には塩素系の薬液注入を利用します。設置場所の広さなどにより、オゾン発生装置を利用する場合もあります。また、この装置の水を直接バイパスし、屋内の配管等の殺菌をすることも可能です。

5、 急速攪拌槽

無機、有機物の酸化殺菌処理高架をあげる為、サイクロン方式により接触時間の確保と、薬品の混和を確実に行います。またその結果、凝集物が低部に沈降し、ドレーン口より排出します。

6、 沈殿槽

酸化された有機物等を沈殿させるための装置です。

7、 微小酸化物除去層

沈殿槽で沈殿しきれない微小な酸化物等の最終除去を行う装置です。

8、 浄水濾過層

薬品の臭い、苦さ、渋さ、色度等の調整をする為の大型浄水層です。

9、 高度浄水濾過層

濾材は粒状活性炭、麦飯石セラミック、マイナスイオンセラミック、銀活性炭等の濾材を用い、これに2次処理水を通水させ薬品、酸化物などを除去し高度浄水を精製します。この槽では除去対象物質の分子量や疎水性、濾材の細孔分布吸着能や寿命が異なるので、当社では豊富なフィールドデータを基により効率の高い濾材を選定しています。濾材へ通水すると、最初流水部で大部分の吸着が行われます。この部分を吸着帯と称し、この槽が飽和されていき、先端が層出口に達することを破過といいます。その時点で濾材の交換を行います。

10、 軟水装置

一般に日本の水は硬度が低いので、この装置を利用することは特に多くありませんが、高圧ボイラーを利用する工場などにおいては、全硬度を下げる為に設置されます。

TOPへ戻る